CoreProtect 2導入!

ども、うにぞうです。

荒らし等があったときにブロックを巻き戻しできるプラグイン「CoreProtect 2」をネオユニサーバに導入しました。

これで安心してマイクライフを送れますな。
ただ、基本的にはトラブルがあったときにしか使わないんで、とりあえずメモ程度で。

OP権限あるユーザーは最低限次のゲーム内コマンドを覚えておいた方が良いでしょう。

/co i

これで、監視モードに切り替わります。

その後、調べたいブロックを左クリックでログを確認できます。

例えば

1.23/h ago - player1 placed cobblestone.

というメッセージが表示されたら、1.23時間前にplayer1が丸石を置いたということになります。

これが荒らしとみなされる場合は、次のコマンドを打ちます。

/co rollback u:player1 t:2h r:#global

player1が設置または破壊したブロックを2時間前まで巻き戻しする
という感じ。

uはユーザー
tは時間
rは半径(globalは世界って感じ?)
を表すみたい。

このコマンドを実行するとブロックは巻き戻されるが、アイテムがプレイヤーに戻ってくるわけではないので注意。

あくまでブロック判定ということですな完全に理解した。

他にも色々できるっぽいけど、今はこれだけで十分かと。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。